ホーム > 活動やイベントの情報
活動やイベントの情報
東日本大震災での福祉支援のあり方 シンポジウム開催(石巻市)
2012年3月10日

震災から1年となる3月10日(土)に、震災で壊滅的な被害を受けた石巻市にて将来に向けた高齢者・障害者に対する福祉支援のあり方について話しあうシンポジウムが開催されます。

タイトルは「東日本大震災での福祉支援のあり方 シンポジウム 〜未来のために今考え、行動すべきこと〜」。

一般社団法人 全国介護者支援協議会および石巻シンポジウム実行委員会主催、石巻市・高齢社会NGO連携協議会・明るい社会づくり運動石巻地区推進協議会・石巻を考える女性の会・身体障害者福祉協会石巻支部・石巻市社会福祉協議会・石巻日和ライオンズクラブ・石巻青年会議所・ラジオ石巻・三陸河北新報社・石巻日日新聞社の各社後援により厚生労働省平成23年度社会福祉推進事業の一環として行なわれます。

当日は、元国連事務次長 明石康氏による特別講演「大震災が私たちに与えたもの」や、東日本大震災を体験した方々による体験者発表、全介協が実施した「東日本大震災における高齢者・障害者等に対する福祉支援のあり方に関する調査研究」の調査結果報告および、有識者によるパネルディスカッションが予定されています。

開催日時は3月10日(土)、開催会場は石巻市 石巻グランドホテル(天翔の間)。
時間は13:00〜17:00(開場12:30開場)、入場無料ですが事前申し込みが必要です。

シンポジウムの詳細・参加申込書はこちら
東日本大震災での福祉支援のあり方シンポジウム

シンポジウムについてのお問い合わせは以下のところまでどうぞ。
一般社団法人 全国介護者支援協議会
пF03-5992-0372 FAX:03-5992-0373

ホーム > 活動やイベントの情報